NEWS

お知らせ2020.03.05

当院の新型コロナウィルス感染症対策に関して

新型コロナウィルス(COVID-19)感染症対策
「現在当院では、発熱、咳のある患者様に関しては、待合室・診察室を通常の診療と階を分けて、ご案内しております。」
・当院での感染対策に関して
・風邪症状等の受診に関して
・電話再診について
・新型コロナウィルス感染症に対するPCR検査、CT検査に関する情報
~
~
・当院での感染対策に関して
新型コロナ感染症が神奈川県内でも多数確認されており、現況の水際対策から感染蔓延期に移行する可能性を踏まえ、当院では医師、看護師、受付の全スタッフが感染症に対する標準予防策 (スタンダードプリコーション)として、PPE (個人予防具) の手袋、マスク、ゴーグルに加え、必要時にはガウン、キャップを着用して対応させて頂きます。
当院で診察を行った患者様の新型コロナウィルス(Covid-19)症例の報告はありませんが、今後ウィルスに感染されている患者様が受診された際のスタッフへの感染、またクリニックスタッフから他の患者さんへの院内感染を予防するのが目的です。
~
~
・風邪症状等の受診に関して
新型コロナウィルス感染を受けても、無症状から軽症の人の数は、PCR検査を受けている重症例の何倍も多いと考えられています。
そのため、軽度の風邪症状・上気道炎の受診に関しては、院内感染を予防する目的で、可能な限り自宅での安静で様子を見ていただくようお願いしております。
その他、感染性胃腸炎、花粉症、気管支ぜんそくなどはこの範疇ではないと考えます。
いまある症状では区別がつかないような症状をお持ちの方は、直接クリニックお問い合わせください。
発熱、咳のある患者様に関しては、現在待合室・診察室を通常の診療と階を分けて、ご案内しております。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
~
~
・電話再診について
当院ではオンライン診療を導入しておりますが、オンライン診療が可能な疾患は現在のところ限られた疾患、状況下に限られておりました。
しかし厚生労働省より、新型コロナウィルス感染症の拡大を防止するために、慢性疾患を有する定期受診患者の感染機会を減らす目的から、電話や情報通信機器を用いた再診による処方を認めると発表がありました。今回の特例措置に関しては、年齢制限を設けず、前回受診からの期間に関しても制限はないとされております。
当院でも、電話による再診に関して、診療開始前、診療の間、診療後の決まった時間を設けて再診を行います。診察終了後に処方箋をご希望される近所の薬局へFAXにて送付致します。
なお、この電話再診に関する臨時措置に関しては、新型コロナウィルス感染症の状況によって、逐次変わると思われますので、詳細はクリニックお問い合わせください。
~
~
・新型コロナウィルス感染症に対するPCR検査、CT検査に関する情報
2020年3月中には、民間医療機関からのPCR検査が提出可能となる見通しとなっております。保険適応となっており、価格は3割負担の方で¥5.400程度となる見通しです。しかしながら、おそらく当面は上記の新型コロナウィルス感染症を疑った症例のみ優先的に検査が行われると考えます。PCR検査は特異度(検査陽性であった際の検査の的中率)は高いものの、感度(ウィルス感染者のうち、検査が陽性とでる率)は限定的とされています。つまりPCR検査を行い、陰性であってもCOVID-19感染症である可能性は否定できません。
多数お問い合わせを頂いております、CT検査でのコロナウィルス感染症の検査は、新型コロナ肺炎の検出感度が高く、検出には非常に優れているとされておりますが、特異度は低く他の原因による肺炎と新型コロナウィルスによる肺炎かどうかの鑑別には、特異度が限定的であるとされています。

PAGETOP